英語の翻訳を正しく依頼するためのおすすめの方法とは?

正確な英語の翻訳を行うためには経験と知識はもちろん、英語特有の言い回しや語彙は、大学で学んだだけで十分な知識が身に付く必要があります。一方で、近年AIの発展により機械による翻訳を行うことも増加していますが、その精度は人間の人力翻訳に比べてどうなのでしょうか。今回は、英語の翻訳はどのように正確に依頼すればよいのかご紹介していきます。

英語の翻訳はプロにお任せするのが良い

英語を翻訳できる自動ソフトやインターネット上の無料アプリは様々なものがあります。人の手を介すことなく、いつでも翻訳できる点は非常に便利ですが、そもそも機械と人間ではどの程度の差があるのでしょうか。

機械翻訳の精度が悪い

コンピューター技術の発達によって英語の翻訳など機械翻訳の精度は徐々に向上してきているとは言え、日本語と英語の翻訳を機械で行った場合、その精度は使用できるレベルと言えるものではありません。私たちが日常的に使っている日本語の文章や喋り言葉を機械で翻訳した場合、翻訳された英語は意味の通じないものが多々あります。

機械翻訳と比べ人間の翻訳が最も正確

機械翻訳は人間の翻訳に比べ英語の文章を丸ごと翻訳することが不得意です。
英語に限ったことではありませんが、翻訳上に言語の文法を適切に扱うことが大切です。これは言語ごとに定められた言葉を組み立てるうえでのルールや人間の感性のようなもの。日本語の文法は「主語+装飾語+述語」が基本的な構文ですが、英語の場合は「主語+述語+装飾語」となります。日本語と英語の言葉の組み立て方が根本的に違うのです。更には英語の場合はアルファベットしか使いませんが、日本語には漢字やひらがな、カタカナといった数種類の文字があり、単語によって使い分けが必要です。
このように複雑で、かつきめ細かなルールに従って、英語と日本語を翻訳するには、現時点においては人間の方が圧倒的に正確なのです。

正確な英語の翻訳を専門の外注会社へ依頼する

外国語の翻訳を専門に扱う会社は国内約3000社あると言われています。翻訳会社が用途に応じて様々な要望に応えてくれます。単に英語の語学力が高いだけではなく、様々な分野の知識に特化した翻訳家も多く、書かれた文章の意味を汲み取って最適な翻訳物を納品してくれます。産業技術や医療医薬などに関する文章は、専門用語や特有の表現方法があることは英語も日本語も同じ。英語の翻訳も専門のプロ翻訳家へ依頼した方が、品質の高い翻訳を得られるのです。
専門の翻訳会社へ依頼する際には、まずは見積もりを取ってから正式に依頼を出すことになります。見積もり時にヒアリング内容としては、翻訳の言語(日英もしくは英日)・原稿文字数・翻訳分野・業種・希望納期・納品方法などがあります。
正確な英語の翻訳を依頼するためには、見積もりの段階でできるだけ詳細なことを伝え、どのような目的で翻訳物を使用したいのかも事前に伝えておくことが必要です。

正確な英語の翻訳にネイティブチェックが必要不可欠

専門の翻訳会社を通して英語の翻訳を依頼する場合、より正確性の高い翻訳を行うためにはどのような点に注意すべきなのでしょうか。
英語の翻訳において正確性を保証するには、ネイティブチェックは必須です。ネイティブチェックとは、英語の翻訳の場合は英語を母国語とする人に翻訳の結果をチェックしてもらい不自然な言い回しや表現がないかを確認してもらうというもの。言わば英語の翻訳における校正作業のようなものです。
教科書や辞書で勉強した英語よりも現地で活きた英語を日常的に使用してきた人からチェックしてもらうことは英語の翻訳の正確性を保証するには最も有効な方法です。

上記を繰り返しますが、英語の翻訳を正確に行うために人力翻訳、専門の外注会社への依頼、ネイティブチェックの3点が必要最低限として、しっかりと抑えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました